料亭 左阿彌 - KYOTO MARUYAMA PARK SAAMI

ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- 】【 スポンサー広告

富岡鉄斎の書2

鉄斎3
前回に引き続き、書道グラフに取り上げられた富岡鉄斎さんの書ですが
書道グラフの書評には、こう記されています。
『書を見るとその境地は、画と全く軌を一にするもので、魁異な書きぶりは見る人をして一驚させる。』
この書評の通り画も、書も、大胆に描かれていて又、その画と書のバランスにより画の躍動感が伝わります。
2014/09/15 15:47 】【 歴史

妹尾和夫のパラダイスkyoto忘年会

妹尾さん
昨年に引き続き、左阿彌で、KBSラジオ『妹尾和夫のパラダイスKYOTO』の忘年会を開催していただきます。
パーソナリティーの妹尾和夫さん、遠藤奈美アナウンサーさんと、ワンドリンク付き会席料理を
食事していただき、お楽しみ抽選会などのイベントもある、とても楽しい忘年会です。
参加費は、8500円(税・サ込み)です。
詳しくは、『妹尾和夫のパラダイスKYOTO』をお聞きくださりますようお願いいたします。
参加ご希望の方は、
・葉書 〒602-8588 KBS京都ラジオ『妹尾和夫のパラダイスKYOTO』または、
・メール para@kbs.ne.jpまでご応募ください。
締め切りは2013年12月8日(日曜日)必着です。
左阿彌に、お越しくださることをお待ちいたしております。
妹尾和夫のパラダイスKYOTO
2014/01/16 16:54 】【 告知

知恩院

知恩院は、料亭 左阿彌から200m程、徒歩2分程に位置します。
知恩院

知恩院は、浄土宗の宗祖・法然房源空(法然)が京都 東山吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に
営んだ草庵をその起源とします。
法然の住房は当時の地名を取って「吉水御坊」、「大谷禅坊」などと称されていました。
ここでの法然の布教活動は、流罪となった晩年の数年間を除き、浄土宗を開宗する
43歳から生涯を閉じた80歳までの長きにわたり、浄土宗の中心地となりました。
ここに法然の廟が造られ弟子が守っていましたが嘉禄3年(1227年)、延暦寺の衆徒によって破壊されてしまいます。
文暦元年(1234年)、法然の弟子にあたる勢観房源智が再興し、
四条天皇から「華頂山知恩教院大谷寺」の寺号を、下賜されました。
その後も永享3年(1431年)の火災や応仁の乱などで焼失しますが、その都度再興されています。

現存の三門、本堂(御影堂)をはじめとする、壮大な伽藍が建設されるのは江戸時代に入ってからのことです。
浄土宗徒であった徳川家康は慶長13年(1608年)から知恩院の寺地を拡大し、諸堂の造営を行いました。
造営は2代将軍徳川秀忠に引き継がれ、現存の三門は元和7年(1621年)に建設されました。
寛永10年(1633年)の火災で、三門、経蔵、勢至堂を残しほぼ全焼しますが、
3代将軍、徳川家光のもとでただちに再建が進められ、寛永18年(1641年)までにほぼ完成しています。

徳川家が知恩院の造営に力を入れたのは、徳川家が浄土宗徒であることや
知恩院25世超誉存牛(ちょうよぞんぎゅう)が松平氏第5代長親の弟であること、
京都における徳川家の拠点とすること、徳川家の威勢を誇示し、朝廷を牽制することといった、
政治的な背景もあったと言われています。

江戸時代の代々の門主は皇族から任命されました、さらに、その皇子は徳川将軍家の猶子となりました。
2013/09/05 15:22 】【 近隣の歴史

美premium

美・premium NO5 〝「パリ」の老舗「京都」の老舗″ で、左阿彌を掲載していただきました。
記事では、左阿彌の歴史や、左阿彌で、舞妓さんの踊りや語らいを楽しみつつ味わう゛京料理と舞妓の夕べ″
のご紹介や、富岡鉄斎の席開きによる寛楽や、建仁寺の五温和尚と金閣寺の伊藤和尚合作のお茶室遍松庵のご紹介、
篠笛を吹いて、お客様をお迎えする女将のご紹介をしていただきました。
2013/06/01 21:19 】【 料亭の説明

織田頼長

頼長のお墓a
お墓の側面から撮った写真です。
お墓の形としては、五輪塔と呼ばれるお墓の形であり、平安時代後期より建立され、鎌倉時代に一般的になりました。
上の石から、空・風・火・水・地を表していて、
密教において、物質を構成する5つの要素です。
お墓のは高さ2.5m程あります。

又、そばには、頼長お墓b
お付の人と思われるお墓があります。
左阿彌の敷地内にあり、織田頼長が亡くなられてからずっと、
左阿彌を見守っていただいておられると思っています。
2013/04/02 15:40 】【 左阿彌の歴史
前のページへ | トップへ戻る | 次のページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。